Project @ja

距離の制限がない量子エネルギーテレポーテーション

QETLimit3

離れた二人のユーザーから見た場合、量子エネルギーテレポーテーション(QET)は局所操作と古典通信によるエネルギー転送と見なすことができる。QETはブラックホール物理、マックスウェルデーモンの量子理論、固体物理での量子エンタングルメントなどのさまざまな基礎研究とつながりがある。ただし、従来のQETプロトコルによって抽出できるエネルギーには距離の制限があり、距離に反比例してエネルギーの上限が減少してしまう。今回我々は、二人のプロトコルユーザーの間の局所真空領域にスクイーズド状態を導入することで、現実的な距離間でエネルギーを転送できることを証明した。

本件に関する特集記事: